Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
サモエドがかかりやすい病気 | ペロット

サモエドがかかりやすい病気

サモエドは、ロシアのシベリアが原産の犬種で、シベリアン・スピッツとも呼ばれています。
微笑んでいるように見える顔立ちが愛らしく、この口元は愛好家達の間ではサモエドスマイルとして親しまれています。

サモエドは主にロシアのサモエド族が3000年以上にわたって飼育してきた原始犬に近い犬種です。
古くから中央シベリアのツンドラ地帯で、トナカイの番やカモシカ狩り、そり引きなどに使われていました。寒い地域のため、暖房代わりとして人と屋内で眠ることもありました。
極寒に耐えられる皮下脂肪と豊富なダブルコートの被毛に覆われ、優れた耐寒性と重労働に耐えられる丈夫な体とスタミナを持っています。
狩猟に使われてきましたが攻撃的ではなく、性格は非常に社交的でコンパニオン・ドッグとしても優れた性質です。

20世紀初頭からイギリス人によって改良が進められた結果、当初は存在していた黒やタンといった毛色は減り、現在の白色の被毛が主流となりました。
日本で高度経済成長期に大変人気を博した日本スピッツは、サモエドにジャーマン・スピッツを交配して小型化したものという説があります。

サモエドの特徴

体高

オス 54〜60cm
メス 50〜56cm

原産国

ロシア北部、シベリア

特徴

シベリアのサモエド族が古くからトナカイの護衛やソリ犬として使ってきた犬です。
心優しく穏やかで社交的な性格で、飼い主に忠実なため番犬としても優秀です。

なりやすい病気

心房中隔欠損症
糸球体腎炎
家族性腎疾患
亜鉛反応性皮膚病
筋ジストロフィー
皮脂腺炎

タグ: