Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
オールド・イングリッシュ・シープドッグがかかりやすい病気 | ペロット

オールド・イングリッシュ・シープドッグがかかりやすい病気

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、イギリス原産の大型の牧羊犬です。
「オールド」などの愛称で呼ばれ、世界的に人気があります。

起源はイングランドの古い片田舎とされていますが、はっきりとしたことはわかっていません。
1800年代初期にイングランド南西部郡で家畜を追っていた断尾されている犬が「ボブテイル」と呼ばれ、スミスフィールドやコッツウォルド・コーと呼ばれた犬はオールド・イングリッシュ・シープドッグの祖先であると推測されています。
昔から「羊飼いの犬」と呼ばれ、古くから羊の群れを牧場から市場へと移動させる際に後ろ側での警護や追いたてをしていました。
1873年のイングランド、バーミンガムのショーで披露されてからは、ショードッグとして人気が高まっていきました。
1880年代にはアメリカに輸出され、20世紀になる頃には裕福な家庭の半分が飼っていると言われるほど広まり、現在もショー・ドッグとして人気があります。

長くぼさぼさとした厚手のグレーと白の毛に覆われた熊のような体型は、オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴的な見た目です。
耳はたれ耳で、断尾が違法でない所ではほとんどが断尾され、パンダのようなしっぽをしています。
被毛はダブルコートで、薄い灰色から濃い灰色、青みがかった色などグラデーションがかかっています。
子犬の頃は白と黒の被毛ですが、成長するにつれて黒はなくなりシルバーや灰色の毛に生え変わります。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴

体高

オス 61cm、メス56cm前後

原産国

イギリス

特徴

安定した穏やかな性格で、家族に対して献身的で愛情豊かに接します。
映画やTV、漫画、アニメなどにもたびたび登場する人気犬種です。

なりやすい病気

心房中隔欠損症
三突弁異形成
免疫介在性溶血性貧血
小角膜症
難聴
股関節形成不全
白内障

By Photo taken by Harald Urnes, Norway – Harald Urnes, Norway, CC BY-SA 3.0, Link

タグ: