Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
【愛犬と暮らすQ&A】ブラシから逃げてしまいグルーミングができません | ペロット

【愛犬と暮らすQ&A】ブラシから逃げてしまいグルーミングができません

Q.ブラシから逃げてしまいグルーミングができません

愛犬にブラシをかけようとしても、ブラシから逃げてしまいグルーミングができません。
どうしたらいいでしょうか?

A.少しずつブラシに慣れさせていきましょう

人間が身だしなみを整えるように、愛犬も日々のお手入れが欠かせません。
多くの飼い主さんが意外と疎かにしてしまいがちなのが、このグルーミングです。
特に、スムース毛や短毛種の場合、ブラッシングが必要ないと考える飼い主さんは多く、これまでブラシをかけたことがないという人もいることでしょう。
グルーミングは単に被毛をとかしたり、綺麗に整えるためのものではありません。
ブラシやコームを使って犬の毛をとかすことで、皮膚をマッサージし、結構を促進する効果があります。
さらに、飼い主さんに優しく触れられて愛犬が心地よく感じ、親密さと信頼関係が深まります。
愛犬の健康維持と、飼い主さんとの良好なコミュニケーションを保つためにも、毎日のブラッシングはとても大切なのです。

犬がブラシから逃げてしまう場合は、ブラシに慣れていないため警戒しているので、無理に押し付けるのはやめましょう。
子犬のうちからグルーミングをしてブラシに慣らしておくのが理想的ですが、そうでない場合は時間がかかりますが、少しずつブラシを近づけて、害がないことをわからせていきます。
犬がブラシを警戒しなくなったら、まずはブラシを体に当てて、大人しくしていたらたくさん褒めてご褒美をあげましょう。
少しずつブラシで被毛をとかし、褒めてご褒美をあげることを繰り返していくうちに、グルーミングが気持ちよく、嬉しいものだとわかります。

しつけの基本は、少しずつ、根気よく、できたら褒める、の繰り返しです。
これを心がけて、愛犬にグルーミングに慣れさせましょう。

⇒愛犬との絆を深めるグルーミングの大切さ

 

タグ: