Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
愛犬のお手入れ・シャンプーケアの基本 | ペロット

愛犬のお手入れ・シャンプーケアの基本

愛犬のお手入れやシャンプーケアを自宅でやりたい!という飼い主さんは多いですが、シャンプーはなかなか大変な作業です。
まずは基本を抑えて、自宅でできるシャンプーの仕方を学びましょう。

愛犬のシャンプーケアの基本

普段からブラッシングなどのお手入れをちゃんと行っていることで、シャンプーケアの時もスムーズに行うことができます。
ブラッシングを普段からしていないと、毛玉ができていたり涙やけが固まっていたりと、シャンプーに取り掛かる前に、手間が増えることになります。

シャンプーケアは犬にとって、長時間水を吸った毛が重たく不安で、体力的にも精神的にも負担がかかる行為です。
できるだけ短時間にササっと洗ってあげないといけません。

シャンプーケアの仕方

ブラッシングをして愛犬の毛を整えたら、犬の体を35℃前後の温かいお湯で濡らします。
人間の感覚で、38〜40℃では、少し犬にとっては熱すぎ、かなり嫌がる子もいます。
シャワーの先を犬の体に添うように当てていき、水圧で毛の根元まで水が行き渡るように濡らしていきます。
この時、犬が驚いてしまうような強い水圧にしないように注意しましょう。

顔や耳、おしりなどはシャワーで直接濡らすのではなく、手で触って濡らしていきます。
体全体が濡れたらシャンプーをします。
足から順番に優しくもみ洗いをし、爪をたてないよう洗い流します。
シャンプーケアで大切なポイントはシャンプー剤をしっかり洗い流すこと。
シャンプー剤が残っていると、皮膚トラブルの原因にもなってしまいます。
洗い残しがないよう、また、目などに入らないよう、十分に注意をしましょう。

タグ: