Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
エゴだけじゃない!犬に服を着せるメリットとは | ペロット

エゴだけじゃない!犬に服を着せるメリットとは

犬に服を着せるのは飼い主のエゴだ!という言葉をよく聞きますが、本当に飼い主のエゴなのでしょうか?
確かに、飼い主さんのエゴから服を着せているケースも多くありますが、犬に服を着せるメリットはもちろんあるのです。

熱さや寒さ対策のため

特に、室内で飼われているような小型犬は、寒さにも暑さにも弱い犬種が多くいます。
スムース毛の犬種は寒さの耐性が極端に低いですし、小型犬は体高が低いため、真夏の地熱を人間以上に近くで受けてしまいます。

例えばトイ・プードルは毛が長く、夏は太陽に当たると高体温が維持されてしまい、冬も体温調整が苦手で寒さのあまりふとんの中にもぐりこんでしまうほどです。
特に、数か月に一度トリミングをしているトイ・プードルの場合、トリミングしたばかりの頃は毛量が少なくとても寒いですし、毛が伸びるのも早いのでいくらカットをしても夏には暑さに耐えなければいけません。

皮膚炎をおこしやすいから

トイ・プードルはアレルギーを起こしやすい犬種で、皮膚炎になりかゆみや抜け毛などが起こりやすいといわれています。
毛が他の犬種よりもくるくるしているので、花粉が飛んでいる時期は散歩中に花粉がつきやすいのです。
そこで皮膚炎を防ぐためにも、花粉が飛んでいる時期や乾燥する時期には服を着せたほうがメリットがあります。
花粉がついてしまっても服を脱がせばよいだけですし、乾燥の時期にも服が肌を守ってくれます。
このため、花粉が飛ぶような時期にだけ、カバー代わりに着させている飼い主さんもいらっしゃいます。

ゴミが絡まりやすいから

トイプードルを散歩させると、草やゴミ、ほこりなどが毛にすぐからまってしまいます。
また、足先やおしり部分だけの毛を残してトリミングされる方が多く、それこそトイプードルのチャームポイントだといえますがその部分だけにゴミが絡まってしまうと、みっともなく見えてしまいます。
服を着せることでゴミの付着を解消できますし、気軽に散歩へ行けます。

トイ・プードルに限らず、キャバリアやシーズーなど、毛が長い犬種は、毛の汚れを防ぐ効果を考えて、服を着せるとよいでしょう。

服を着せる際の注意点

愛犬に服を着せるメリットは、可愛いという飼い主のエゴ以外にもたくさんあります。
しかし、愛犬が嫌がるようであれば無理やり着せるのはよくありません。
また、せっかく着せたのに服を噛んでしまうこともあります。
噛むのは、嫌がっているのか、じゃれているのかのどちらかと思われますが、服が傷んでしまいます。

犬が服にじゃれついているうちに、もし服の手を通す場所に首が入ってしまったらどうでしょう?
さらに、飼い主さんが留守の間に、このような事態が起きては困ってしまいます。
できる限り、飼い主さんが留守の間や、嫌がる場合も着せないでおくのがベターといえます。

ただし、防寒のために着せる場合はこの限りではありません。
愛犬が服を着ることに十分に慣れて、おもちゃにしないようであれば着せておいても問題はないでしょう。

タグ: