Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
【愛犬と暮らすQ&A】犬は目を見つめられるのが苦手って本当? | ペロット

【愛犬と暮らすQ&A】犬は目を見つめられるのが苦手って本当?

Q.犬は目を見つめられるのが苦手って本当?

犬は目を見られるのが苦手と聞いたのですが本当でしょうか?
なるべく目を合わせないほうがいいの?

A.飼い犬には、アイコンタクトも大切な愛情表現になります

数年前までは、犬同士なら目を合わせれば喧嘩に発展する事もあるため、犬の目はなるべく見ない方がよいと言われていました。

しかし、近年の研究により、犬と飼い主さんの間で目を合わせることによって、双方がより一層幸せを感じられる事がわかってきました。
人の絆を深めたり、他人の気持ちを汲み取る働きを促す「オキシトシン」は、”愛情を感じるホルモン”と言われていますが、これが人と動物との関係にも深く関わっているのです。
特に、人と犬の関係性にはこの「オキシトシン」の影響が大きく、触れ合う事で、人と犬の双方のオキシトシン量が増加することがわかりました。
研究の結果、たった数分でも目を合わせるだけで、犬と人の血中のオキシトシン濃度が上がることが証明されており、スキンシップや一緒に遊ぶことと同じくらい、アイコンタクトが愛犬との絆を深める事ががわかっています。

ただし、飼い犬ではない犬の目を見つめる事は注意が必要です。
犬同士の目を見つめる行為は挑発の意味があり、特に攻撃的な性質の犬は要注意です。
犬が挑発されたと感じ、敵意を剥き出して向かってくる可能性があります。
さらに、その犬が自分の犬舎や敷地内などのテリトリー(縄張り)にいる時も、極めて強気になる状況なので気をつけましょう。

タグ: