Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
新しい子犬を先住犬・猫に会わせる時に気をつけたいこと | ペロット

新しい子犬を先住犬・猫に会わせる時に気をつけたいこと

既に犬・猫を飼っていて子犬を増やす場合、新しい子がスムーズに受け入れられるとは限りません。
動物には動物のルールがあり、これに配慮して引き合わせる必要があります。
かわいい子犬といっても、最初は先住の犬・猫のテリトリーに入ってきた部外者なのです。
出会い頭に喧嘩になったり、先住の犬が子犬を攻撃したりしないように気をつけるポイントをご紹介します。

子犬を優先しない

かわいい子犬を猫可愛がりして、先住の犬・猫へのケアを疎かにしてはいけません。
飼い主の愛情に敏感な犬・猫は、新参の子犬に嫉妬をしていじめたり、仲間はずれにする場合があります。
新しい子犬を連れてきたら、新しい子をかわいがる分、先住犬・猫を大切に可愛がりながら、子犬は新しい家族であることを教えてあげましょう。

ご飯もしばらくの間は別々に与えます。
当初は子犬に与えるフードと成犬に与えるものは違うので一緒のタイミングにあげることはありませんが、先住犬がごはんの途中に子犬が近づいて怒られたり噛まれたりすることがないよう気をつけます。

先住犬との会わせ方

【1】先住の犬をリードなどで繋いでおき、いきなり飛びかからないようにしておきます。
この状態で子犬を近づけるか、子犬を抱いて対面させましょう。

【2】先住の犬が威嚇をしたり、攻撃しそうな様子を示した時は、先住の犬を制してやめさせます。
敵ではないこと、新しい家族であることを教えます。

【3】先住の犬が落ち着いたら、子犬を床に置いてゆっくり近づけさせます。

【4】しばらく様子を見て、互いに匂いを嗅ぎ合ったりしながらコミュニケーションを取る様子を見守りましょう。

先住猫との会わせ方

猫にとって、多くの場合初対面の犬は敵と見なされます。
いきなり初めて出会う子犬に対して、毛を逆立てて威嚇をするか逃げてしまうことが多いでしょう。
まずは、子犬をケージやハウスに入れた状態で、猫が自ら近づいて子犬を観察したり、興味を示したりして、警戒がとけるまで時間をかけて見守りましょう。

 

タグ: