Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
子犬から成犬期へ、健康に配慮して食事を切り替えるポイント | ペロット

子犬から成犬期へ、健康に配慮して食事を切り替えるポイント

子犬期の生後12ヶ月前後から、フードを成犬用のものに切り替えていく必要があります。
子犬期は成長期であり、子犬用のフードの成分は体の発育を目的とした成分のため、成犬には好ましくありません。
成犬用の食事のポイントを押さえ、適切な切り替えを行っていきましょう。

成犬用のフードに切り替える

日々のご飯は、パワフルな成犬の命と活動を支える大切なエネルギー源です。
正しい食生活を心がけ、健康で丈夫な体づくりを目指しましょう。

子犬用のフードは、子犬の急な成長に合わせて高カロリーになっています。
ここで、生後10ヶ月くらいを目安にして、高カロリーな子犬用フードから適切な成犬用フードに切り替えていきます。
フードをある日急に変えると、消化不良を起こして嘔吐をしたり、下痢になることがあるため、これまでのフードに少しずつ混ぜていきます。
一食ごと成犬用フードの割合を増やしていき、2週間ほどかけてゆっくりと子犬用から成犬用フードにしていきます。
成犬の食事の回数は1日2回が平均的ですが、1日の必要量を3回に分けて与えても構いません。

現在、ペットショップやホームセンターだけでなく、インターネットでもさまざまなブランドの成犬用フードを手に入れることができます。
愛犬の健康のためにも、品質や栄養素、原料、原産国などを確認して購入しましょう。

ドライフードとウェットフード

一般的な乾燥タイプのフードはドライフードといい、かりかり噛めて歯みがき効果もあります。
また、ある程度の長期保存がきくメリットがあります。

缶詰やパウチなどで売られているウェットフードは、水分補給が同時にできます。
香りや風味がドライに較べてよく、多くの犬が好む嗜好性が高いフードです。
痛みやすいため開封したら全部あげるか、残りを密封状態にして冷蔵庫に保存し、早めに食べきってしまうようにしましょう。
ウェットタイプのフードばかりあげていると、柔らかいため顎の発育に影響が出てくる可能性があるほか、嗜好性の高さからウェットしか食べたがらない好き嫌いも出てきてしまう場合もあるので、毎食ウェットばかりあげるようなことは避けましょう。

 

タグ: