Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58
ドッグフードの種類と与え方 | ペロット

ドッグフードの種類と与え方

ドッグフードは、犬の主食である大切なご飯です。
体を作り、健康維持に重要な役割を持つ食べ物ですから、種類や与え方などをしっかり知った上で、愛犬にとって最適な食生活をサポートしていきましょう。

ドッグフードの種類

ドッグフードは、大きく分けてドライ、セミモイスト、缶詰の3タイプがあり、それぞれ長所と短所があります。
どのフードを与えるかは、飼い主さんの事情や愛犬に合わせて選びましょう。
ドッグフードだけでは味気ないと感じる方は、他の食べ物やレバー、肉、煮干し、野菜などを混ぜて与えてもよいでしょう。
ただし、フードはもともと犬の必要栄養素・量を考慮して配合されているので、混ぜる量はフードの量に対して10%以内にとどめます。

ドライタイプ

コストパフォーマンスがよく、保存性に優れています。
栄養バランスもよく、犬に最も与えやすいタイプです。
ただし、含有水分量が低いため、同時に新鮮な水やミルクなどを与えて、愛犬が十分に水分補給ができるようにしましょう。

ドライフードの100gあたりのエネルギー量は、300〜350Kcal、子犬用は400〜450Kcalです。

セミモイストタイプ

ドライタイプに比べて、嗜好性が高いフードです。
水分が25〜35%と食べやすい柔らかさですが、高カロリーなので食べ過ぎには注意しましょう。

セミモイストフードの100gあたりのエネルギー量は、250〜300Kcalです。

缶詰タイプ

香りが高くて食べやすく、最も犬が好むタイプのフードです。
開封しなければ長期間の保存もききます。
価格がドライに比べて高く、開封後は生鮮食品と同じ状態になり痛みやすい欠点があります。
1度に与え切らない場合は、別の密封性の高い容器などに移して冷蔵庫で補完し、2日以内には使い切りましょう。

缶詰フードの100gあたりのエネルギー量は、90〜110Kcalです。

ドッグフードの一日の目安量

3タイプのフードの栄養組成は標準量が決められいますが、製品によって特徴があります。
このため、それぞれの製品の給与量に従うべきですが、はっきりしない場合は以下の内容を目安として与えましょう。

タグ: