Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
犬の目やにと涙やけの原因、病気のサイン | ペロット

犬の目やにと涙やけの原因、病気のサイン

犬も、人間のように目やにが出ます。
目やにが溜まっていくと目頭から目の下に涙やけができ、毛玉ができてしまうことがあります。
もしかして病気ではないのか?と心配される飼い主さんも多いので、犬の目やにについて解説します。

犬の目やにの原因は?

犬の目やには、目の表面についた汚れやホコリなどが、皮脂線から分泌された粘液と一緒になって目の外に流れ出てきたものです。
空気に触れるとすぐに固まり、ドロっとした状態で目の下に付着します。
ちょっと出ているくらいなら問題ありませんが、目やにがダラダラと流れている、固まって目の下で涙やけが起きているならば、目の病気の可能性もあります。
普段から犬の顔をチェックする際、目やにの状態もしっかり観察しましょう。

犬の目やにから疑われる病気

涙やけとは、常に目から目やにが流れ出て、目頭から鼻にかけて被毛にこびりついている状態です。
涙やけの被毛は変色していることが多く、マルチーズやトイプードル、シーズーなどの長毛種に多く見られます。
常に涙が出ている流涙症になると涙やけができ、犬がこれを気にして擦ると炎症を起こし、皮膚炎になってしまう可能性もあります。
涙やけができている程度では大きな問題はありませんが、愛犬が目を気にして顔を手や足で掻いたり、壁などに顔をこすりつけたりするようであれば獣医さんに診せに行きましょう。

犬の目の病気は、白内障や結膜炎、緑内障、ドライアイなどが一般的です。
目やにの症状でわかる病気は他にもあり、チェリーアイやぶどう膜炎、網膜剥離目など、病院を受診しなければいけないケースもあります。
あまりにも目やにがひどいようであれば、すぐに動物病院を受診しましょう。

また、目やにが目の下で固まっていてもすぐに擦って取らないように。
擦りすぎると、皮膚炎や結膜炎を起こす可能性があります。

反対に、目やにの量が酷く、擦っても取れないような場合も、獣医さんに相談をしましょう。

タグ: