Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
犬の噛み癖を抑えるための、効果的な遊び方 | ペロット

犬の噛み癖を抑えるための、効果的な遊び方

本来、犬にとって噛む事は自然な行為で、悪い事ではありません。
噛んでほしくない人の手や体、家具やカーペット、カーテンなどを噛ませないためには、日々の遊びの中で、犬の噛む欲求を満たしてあげる事が効果的です。

長いロープタイプのおもちゃを使って遊ぶ

長いロープやアニマルロープなどのおもちゃなら、一緒に遊びながら愛犬の噛みたい気持ちを楽しく発散させてあげる事ができます。
片方を飼い主さんが持ち、もう片方の端っこを愛犬が噛んで、引っ張りっこをして遊びましょう。
この時、綱引きのようにこちらにぐいぐい引っ張るのではなく、左右にロープを揺らしながら、猫じゃらしのようにして遊びます。
綱引きのように引っ張ると、犬が興奮し、本気になって喧嘩腰になったり、ロープをとられまいとむきになって攻撃してくる事があります。
左右にロープを揺らす事で、ワンちゃんは噛むだけでなく追いかける楽しさも感じられて一石二鳥です。

知育トイで遊ばせる

飼い主さんが愛犬と一緒に遊べない時は、サークルやケージの中でひとりで遊ばるのが理想です。
部屋の中で好きなようにさせていると、好奇心に任せて徘徊し、色々なものを噛んでしまう可能性があります。
サークルの中では、噛んでもなかなか飽きづらい知育トイや、固い骨やおもちゃで遊ばせてあげましょう。

コングなどのゴム製のおもちゃ

プラスチック製のおもちゃ(フレーバー付き)

 
⇒犬の噛み癖を改善するために、やってはいけない2つのポイント

タグ: