Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
適切な広さと安全を配慮した、愛犬の快適な住まいづくり | ペロット

適切な広さと安全を配慮した、愛犬の快適な住まいづくり

愛犬家ならば、大切な愛犬にとっても快適で過ごしやすい空間づくりをしたいと考えるものです。
犬にとって、快適で安全な家とはどのようなもので、どういった点に気をつけるべきでしょうか。

犬にとって快適な空間とは

人間にも落ち着ける空間が必要なように、犬にとってもくつろげる空間というのはとても大切です。
人間で例える場合、ホールや会議室のように広すぎる空間では落ち着きませんし、天井が高すぎても安心することができません。
このように、ただ大きければよいというのではなく、空間には適した大きさがあります。

人と犬では体の大きさや目の高さが異なるため、快適に過ごせる空間のサイズも違います。
一般的な住宅では部屋の天井はだいたい240〜50cmです。
これは、人間の目の高さが150〜160cm程度であり、1.5倍程度の高さが快適に過ごせる天井高であるとされているためです。
このことから、体高が低い犬の場合も、自分の目の高さに対して1.5倍程度の高さの空間が落ち着ける場所であると考えるとよいでしょう。

安心・安全を確保する

人間の住居は人間用に作られているため、犬にとっては危険であったり、好ましくない環境である場合があります。
特に階段やソファなどの段差や高さがあるものは、転落事故や関節を痛める原因となるため気をつける必要があります。
階段には犬用スロープをつけたり、上部から転がり落ちないように、柵などで自由に階段へ降りられないようにするなどの対策を行いましょう。

また、犬が家電のコードやケーブルなどをかじってしまうことがあります。
最悪、漏電したり犬が感電する事故にも繋がりかねません。
コードが集中するタップやテレビなどの周辺では、コード類を犬の届かないところにまとめておく工夫をしたり、コードをかじられても事故を防ぐカバーをつけておくなどの対策を行いましょう。

 

タグ: