Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
知っておきたい、犬が食べてはいけないもの | ペロット

知っておきたい、犬が食べてはいけないもの

犬は自分の子供のように可愛いかもしれませんが、人間が食べるものをむやみやたらに与えてはいけません!
食べても大丈夫な食べ物もありますが、加工食品や犬にとっては毒となるものなど、犬に与えると危険な食べ物をご紹介します。
意外な食品もありますので、ちゃんと知っておき、普段から気をつけてあげましょう。

犬が食べてはいけない加工食品

絶対に与えるべきではない加工食品は、チョコレートです。
犬は、チョコレートを消化吸収する分解酵素を持っておらず、食べると嘔吐や下痢の原因となります。
また、与え過ぎると中毒症状で死に至る場合もありますので、決してあげないように気をつけましょう。

キシリトールガムやケーキ、ハムやソーセージなどの加工食品もNGです。
糖質や脂質の摂り過ぎになりますし、ハムは塩分が強すぎて腎臓を弱めてしまいます。
肉類は、肉用として販売されているものを与えるようにします。

当然ですが刺激物牛乳アルコールなどもダメです。
アルコールは少量でも有害になり、刺激物は内臓に悪く下痢や嘔吐を引き起こします。
牛乳は大丈夫なように思われていますが、人間用の牛乳は脂肪分が高いので犬用のミルクを与えるべきです。

犬に与えてはいけない食材

犬は胃の調子が悪い時、自ら草を食べて嘔吐をしたりしますが、それ以外で「吐く」という行為はとても危険です。
ぶどうレーズン魚介類、タケノコなどのキノコ類、たまねぎなどのねぎ類は、犬が食べると嘔吐を引き起こします。
もし急に吐き始めたら、このような食材を誤って食べていないか確認しましょう。

他にも、犬に与えてはいけない食材はとても多く、モモなどの果物もNGとされています。
さくらんぼの種には微量ですが毒が含まれていますので、まるごとあげると種まで食べてしまうので、種は取りましょう。
里芋、ウメ、アボガド、ナス、トマトなどもあげないようにします。

あまり犬に食べさせているようなイメージのない食材は、普段から避けるべきです。

タグ: