Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58
ビション・フリーゼがかかりやすい病気 | ペロット

ビション・フリーゼがかかりやすい病気

ビション・フリーゼは、フランス原産の小型犬です。
「ビション」はマルチーズ、「フリーゼ」は巻き毛の意味の通り、純白の巻き毛が特徴的な愛玩犬です。

起源は古く14世紀にはその存在が記録されており、地中海沿岸の大型のウォータードッグと、白いマルチーズなどを掛け合わせて作出された犬種です。
14世紀にイタリアに持ち込まれると上流階級のペットとして人気を集め、16世紀にフランスのフランソワ1世やアンリ3世の愛玩犬として注目され、各地に人気が広まっていきました。
第一次世界大戦で絶滅の危機に瀕すると、フランス人繁殖家たちが救済運動に乗り出し、1933年に正式に「ビション・プワル・フリーゼ」と命名されました。
第二次世界大戦後にアメリカに持ち込まれると、綿帽子のような頭の「パウダーパフ」カットが開発されて大変な人気を集めると、今日に続く世界的な人気へと繋がっていきました。

陽気で友好的な性格で、人懐こく、家族に従順なのでペットとして高い適性を持ちます。
非常に活発で遊び好きなので、ある程度の運動が必要となります。

ビション・フリーゼの特徴

体高

オス、メスともに30cm以下

原産国

フランス

特徴

20世紀後半のアメリカで、白くふわふわした巻き毛を活かしたトリミングが開発されると、ユニークなトリミングカットを楽しめる愛玩犬として親しまれるように成りました。
古くは物々交換の品として珍重され、フランスやイタリアなど、欧州の王侯貴族達に愛されてきました。
好奇心旺盛で明るく、飼い主に深い愛情を持つ優しい犬種です。

なりやすい病気

ストルバイト結石
シュウ酸カルシウム結石

タグ: