Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
アレルギーやアトピー肌の犬・猫のためのシャンプー製品の選び方 | ペロット

アレルギーやアトピー肌の犬・猫のためのシャンプー製品の選び方

アトピーやアレルギーで肌に湿疹があったり、敏感肌や乾燥肌でかゆがりな犬・猫のスキンケアは、人間同様とても気を使うものです。
もちろん肌の構造が人間とは違うため、ケア用品も犬・猫専用のものが必要です。
特に敏感肌でお悩みの場合の、シャンプー製品の選び方をご紹介します。

薬用シャンプーなら大丈夫?

肌が弱い、トラブルがある愛犬・愛猫の場合、薬用シャンプーなら大丈夫だろうと考える方もいらっしゃいます。
まず、薬用シャンプーは皮膚の病気を治すためのシャンプーなので、トラブルの予防には効果がありません。
かえってトラブルが起きてしまう場合があります。
敏感肌・乾燥肌などの肌が弱い子には、女性のスキンケアのように、しっかりとお肌に水分(潤い)と栄養を与えてあげることが最優先です。

アレルギーやアトピーの子に安心して使える製品は?

高品質な製品でも、その子に合う、合わないは、肌質との相性が大きなポイントになります。
獣医師か皮膚科の専門医に検査をしてもらい、皮膚へのアレルギー反応が出ない商品が製品が安心して使えるものです。

飼い主さんが自宅でできるアレルギー検査として、パッチテストがあります。
足の付根などの皮膚が柔らかいところに調べたい製品の原液をつけて、舐めてしまわないようにラップで巻いたりエリザベスカラーをつけるなどの保護をして、48時間待ちます。
原液をつけた部分が赤くなる、腫れている、痒がっているなどの異常が出ていなければ、その製品は安心して使える可能性が高いといえます。

市販のものでは心配な方は、獣医師に相談し、最適な製品を紹介してもらうか、処方される製品を使うようにしましょう。

タグ: