Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
愛犬のしつけを成功させるための5つのポイント | ペロット

愛犬のしつけを成功させるための5つのポイント

子犬の頃から愛犬を好き放題させたり、自由にさせておくと、成犬になっても手がかかる子になってしまいます。
家族だけでなく、他の人や周りに迷惑をかけるようになってしまっては困ります。
人間と犬が互いに快適に暮らしていくために、ワンちゃんのしつけはとても大切です。
しつけは犬の飼い主さんの責任であることを認識し、ワンちゃんの将来のために根気よく取り組む必要があります。
しつけを成功させるためのポイントを押さえ、愛情を持ってしつけを行いましょう。

犬のペースで生活しない

特に散歩などで、犬の好き放題に歩かせないようにします。
常に飼い主さんのペースでリードし、しっかりと主導権を持って行動することで、飼い主さんがリーダーであると認識させます。
ルールやしていいこと、いけないことを態度で示し、愛犬が好き放題に行動するのを制し、メリハリのある生活を心がけましょう。

甘やかしすぎない

子犬のうちはいろいろなものを噛む習性があり、かわいいからと甘噛みを許していると、人を噛むことに抵抗がなくなってしまう恐れがあります。
成犬になってから、万が一の場合に本気で噛むような子になってしまっては大変です。
家族の間ならまだしも、他人や他の犬に迷惑をかけてしまっては、取り返しのつかないトラブルに発展してしまうでしょう。
大人になってからもやめさせたいことは、子犬のうちからしっかりと制していきましょう。

気分でしつけない

飼い主の気分次第で犬への対応がころころ変わることで、愛犬には大変混乱します。
家族がいる場合は、みんなでワンちゃんに対するルールやしつけ方法を決め、指示の仕方も統一します。
名前、褒め方、指示の仕方がそれぞれバラバラでは、愛犬には正確に伝わりません。
しつけのトレーニングがうまくいかないからと無理矢理に押さえたり、怒って怒鳴ってもワンちゃんを怖がらせるだけで効果がありません。
愛情を持って、毅然とした態度で指示をし、成功したらしっかり褒めることの繰り返しが大切です。

最初が大切

はじめに間違っていたり、理想的ではない接し方をすると、あとから修正するのはとても大変です。
また、指示や対応を途中で変えても、犬は混乱をしてしまいます。
最初から、正しい接し方で一貫性を持ってしつけのトレーニングを行いましょう。

しっかり褒める

愛犬が失敗した時ばかり反応するのではなく、ワンちゃんが成功した時は忘れずしっかり褒めることが大切です。
なぜなら、ワンちゃんは褒められることで達成感や喜びを感じ、正しいとされる行動を繰り返すようになります。
そして、この繰り返しが、飼い主さんと愛犬の間に信頼関係を作っていきます。
しつけのトレーニングを経て、当たり前のようにできるようになると、油断して褒めなくなってしまう飼い主さんがいますが、これでは犬のモチベーションも下がってしまいます。
愛犬が正しい行動をしたら、その都度、しっかりとわかりやすく褒めてあげることを忘れないようにしましょう。

 

タグ: