Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
感情表現のポイントはたくさん!愛犬の気持ちを知ろう | ペロット

感情表現のポイントはたくさん!愛犬の気持ちを知ろう

犬も、さまざまな感情を持っています。
人間の感情は主に表情でわかりますが、犬は全身に感情が表れます。
特に感情が表れるのは鳴き声、耳、尻尾で、その動きの意味していることを知っていれば、愛犬がいまどんな気持ちになっているかわかるでしょう。
また、犬も人間のように、感情が表情にちゃんと表れています。
体の各部位の反応と合わせて、愛犬の感情を表情で読み取っていけば、より円滑で深いコミュニケーションがとっていけるでしょう。

大きな喜び

犬がとっても嬉しい時は、大きく飛び跳ね、体をくねらせたり、前足で足踏みしたりして、全身で喜びを発散させるのですぐわかるでしょう。
尻尾は左右に激しく振られ、耳は後方に倒れ、目も輝き、口はにっこり開いていることもあるでしょう。
鳴き声は明るく、わんわん、キャンキャンと響きます。
中には、喜びのあまりおしっこを漏らしてしまう子もいます。
大型犬なら、前足で飛びかかって飼い主さんの顔を舐めたがる子もいます。

甘え

鼻にかかった声でクンクンと鳴きます。
飼い主さんに許しをこう時の甘えなら、尻尾は垂れているでしょう。
何かをねだったり、遊びの誘いの甘えなら、尻尾は垂れずに穏やかに振っています。

親しみ、機嫌がいい

相手に好意を持っている、気持ちがよい、機嫌がいい時の表現は、喜びの表現よりは穏やかになります。
しっぽを緩やかに振り、喉を鳴らすような鳴き声を出します。
飼い主さんの顔や手をたくさん舐め回したがるでしょう。

激しい怒り

全身を緊張に強張らせて手脚を伸ばし、被毛が逆立ちます。
唇がめくれて前歯と犬歯が剥き出しになり、低く「ウー」っと威嚇するような唸り声を出します。
尻尾は小刻みに震え、耳はピンと立って相手に向けられます。
愛犬がこのような感情を他人や他の犬に向けている場合は、噛んだりするような事故に繋がりかねませんので、早めにその場を離れたり、やめさせるように対処します。

悲しみ

心細げに「クーンクーン」と鳴きます。
飼い主に接したい、飼い主がいなくて淋しい、苦しい、辛い、痛いなどの感情を訴えていることもあります。
尻尾は垂れ、心許なげに飼い主さんに体をすり寄せてくるでしょう。

不審感、警戒

耳をピンと立て、物音を聞き逃しまいと身構え、興奮と緊張から、尻尾が小刻みに震えます。
吠え声はピリピリとした「ワンワン」で、怪しい人などが近づいてくると「ワンワンワン」と連続した吠え声になります。

恐怖、恐れ

恐怖の程度に比例して、尻尾が下がっていきます。
完全に尻尾が下がって脚の間に挟み込んだら、とても怯えている証拠です。
耳は後ろに倒れ、伏せの状態になって体をなるべく縮めます。

退屈

体全体の力が抜けて弛緩し、ダラダラ寝っ転がったりするでしょう。
あくびをしたり、フワーとあくびのような声で鳴きます。
退屈のあまりに手持ち無沙汰で、体を舐め続けるような子もいます。

タグ: