Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58
愛犬の「手作り食」から栄養学を学ぶススメ | ペロット

愛犬の「手作り食」から栄養学を学ぶススメ

栄養バランスを謳っていても、保存料などの添加物が気になったり、原材料の安全性に不安を感じるなど、市販のフードに疑問を持つ方もいると思います。
このような場合、やはり手作りフードに関心を持つ飼い主さんは少なくありません。
手作り食を食事の一つのバリエーションとして取り組んで、愛犬の健康寿命のケアをしてみましょう。

食事は体調と深く関係する

投薬でどうしても改善しなかった皮膚疾患が、食べるものを変えたら改善したというケースがあるように、食事は体調や疾患に大きく影響するものです。
ただし、毎食を手作り食にするのは、手間がかかり経済的にも負担が大きくなります。
ペットの体調や体重の増加を観察しながら食事を与え、数日単位でトータルの栄養バランスが摂れていれば問題がないと言われています。
人間が時々外食を楽しむように、愛犬にも時々フード以外の食事を与えてはいかがでしょうか。

体調に敏感になる

愛犬の手作り食で問題になりがちなのは、飼い主が食べ物にこだわりすぎることです。
最も重要なのは、ペットが健康で元気に長生きできること。
市販のペットフードもよいものはたくさんあり、手作りフードばかりに固執してもよくありません。
ペットフードを併用しながら、できる範囲で手作り食を与えていくのが理想的です。

当然、手作り食にチャレンジするにあたり、ペットの食事の栄養学にも興味を持つとなおいいでしょう。
食材の栄養素や、必要な食事量を知っていれば、どのような食事を作ってあげればいいかわかります。
栄養価などを無視した手作り食を与えても、かえって栄養の偏りや肥満を招いてしまいかねません。

ペットのことを一番把握できるのは、毎日側にいる飼い主です。
ペットの体調や体型の変化や異常に敏感になり、愛犬に最適な手作り食を作ってあげましょう。

タグ: