Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
チワワがかかりやすい病気 | ペロット

チワワがかかりやすい病気

チワワは、メキシコ原産の犬で、世界的に最も小さな犬種として認められています。
住宅事情が狭い日本でも、コンパニオンドッグとして大変人気があります。

チワワは北アメリカでは最も古い犬種ですが、この歴史的事実はあまり知られていません。
19世紀半ばからアメリカで現在の形のチワワが品種改良され、日本では1970年代から飼育されるようになりました。
アメリカと日本では、CMにチワワが起用されたことにより人気が爆発した背景があります。

日本では、狭い住宅事情にマッチした飼いやすさから、2006年のジャパンケネルクラブのデータではダックスフントに次ぐ2位の登録数を誇っています。
現在チワワを飼っている人も、これから飼いたい人も知っておきたい、チワワのかかりやすい病気をご紹介します。

チワワの特徴

体高

約13cm

体重

0.5〜3kg

原産国

メキシコ

特徴

人懐っこく、表情豊か。
愛情をかけられると素直に喜び、愛玩犬として適正が高い。
臆病で警戒心が強いため、番犬として役立つ。
個体によっては気が強いものや、体の大きさに関わらず強気な子も。
寒い地方では、湯たんぽ代わりに使われていた歴史もある。

なりやすい病気

呼吸器系:
軟口蓋過長症(軟口蓋が伸びて、呼吸の際に気道を塞いでしまう)
気管虚脱(器官の強度がなくなり潰れてしまう)

神経系:発育障害(水頭症)

感覚器系:
睫毛乱生(まつげが角膜に向かって生える)
急性角膜水腫(角膜内に混濁を起こす)
原発性虹彩萎縮(虹彩に多数の穴が空く)
パターン脱毛(耳周辺)
増殖性血栓性壊死(血栓により耳の一部が壊死する)

タグ: