Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
犬の腹痛で疑われる病気 | ペロット

犬の腹痛で疑われる病気

犬はお腹が痛いと動かなくなり、体を丸めてうずくまってじっとしているようになります。
犬が丸くなるのは腹部を保護しようとする行動で、少しでも痛みを和らげようとしています。
痛みが酷いと落ち着かず歩き回ったり、鳴いたりする事もあります。
お腹のどこがどう痛いのかを外から見て正確に判断するのは困難です。また、腹痛は突発的に起こるケースもあるので、いずれにせよなるべく早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

腹痛の原因

腹痛の原因は様々です。
事故や転落後に起きた腹痛では、腹膜炎、腹腔内臓器の損傷が考えられます。
外傷や事故によって腹腔内臓器が損傷している場合は、最悪死に至る事もあります。
嘔吐や下痢を伴う場合、胃腸、肝臓などの消化器系、泌尿器系の異常の可能性があります。

犬が腹痛を起こしたら

緊急を要する場合

交通事故や転落事故、喧嘩などによる腹部の外傷、異物を飲み込んだ事による腸閉塞、腸捻転は命に関わるため、早急に病院で処置を受ける必要があります。

慢性的な腹痛

原因不明の慢性的な腹痛が起きているような場合、診察を受けるタイミングを逃しがちです。
内臓の大きな病気に気づかず、様子を見ているうちに症状が悪化してしまう事もあるでしょう。
おかしいなと思ったら、早めに獣医師の診断を受けるようにします。

痛みの程度を確認する

腹痛が軽い時はじっとうずくまった状態ですが、痛みの酷さによっては抱き上げた時に噛まれたり、唸ったりする事があります。
日頃の元気や活発さ、食欲の有無や飲水量の変化は健康状態のバロメーターになるので、常に気にかけておきましょう。

他の症状を確認する

腹痛のほかに嘔吐や下痢が見られ、排泄姿勢をとってもうんちやおしっこができなかったり痛がるようであれば、早めに獣医師に診せましょう。

腹痛のケア

犬が腹痛で苦しんでいたら、動物病院に行くまではできるだけ安静にするべきです。
事故や外傷のケースはもちろんですが、そうでなくても放っている間に症状が進行し手遅れになるケースもあるため、異変を感じたらまず病院にかかりましょう。
椎間板の病気や関節炎、筋炎、血管炎でも腹痛に似た症状を起こすことがありますが、いずれの場合も速やかな処置が必要になります。

 

タグ: