Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
愛犬の足腰を守るために!フローリングにはマットを敷こう | ペロット

愛犬の足腰を守るために!フローリングにはマットを敷こう

家族で団欒するリビングや、愛犬のハウスがあるお部屋がフローリングのお宅は多いと思います。
実は、このフローリングが愛犬にはとっても厄介、足腰の健康に害になることがあるのです。
フローリングにはマットを敷き、ワンちゃんの足腰をケアしてあげましょう。

フローリングが犬に適さない理由

フローリングの床では、犬が爪を立てられず、常にツルツルと滑っている状態になります。
さらに、犬の足は、床(地面)に付いている部分が人間で言う指先に相当します。
つま先立ちで、ずっとツルツル滑りっぱなしの状態が、いかに犬の足腰に負担になっているかわかりますね。

関節の病気持ちの場合は早めの対応を

特に小型犬の場合、生まれつき「膝蓋骨脱臼」などの病気があったり、可能性を抱えている子も珍しくありません。
これは、膝のお皿にあたる骨が外れたり、外れやすかったり、外れっぱなしになってしまう病気です。
この疾患を持つ子では、滑りやすいフローリングの床は余計に関節に負担がかかるだけでなく、滑って悪化してしまうこともあります。
さらに、足をかばううちに腰も痛めかねません。

既に愛犬の関節が弱いとわかっている場合は早めにフローリングにマットを敷いてあげましょう。
関節の疾患がなくても、これから関節を痛めてしまう可能性は充分にありますので、やはりマットを敷いてあげるべきです。

マットを敷いてあげたい場所

フローリングで滑ってしまうのを防ぐために最適なのが、ペット用のマットです。
ただし、フローリングの全てをカバーするのは大変ですので、以下のような場所に重点的に敷いてあげるといいでしょう。

・ベッドの周り
ベッドの枠をまたぐ際に、滑るのを防ぎます。

・食事場所
頭を下げて食べる体制をとるとき、愛犬の足は踏ん張っています。
踏ん張りを支えるためにも、マットが必要です。
また、ご飯でダッシュするワンちゃんもいるでしょうから、やはりマットで滑り止めをしておくのが得策です。

・シニアのワンちゃんの行動範囲
シニアのワンちゃんの場合、若い頃より足腰が弱くなっています。
ヘルニアなどの関節疾患を抱えている子も多いでしょう。
シニアのワンちゃんの負担を減らすためにも、滑り止めは必須です。

タグ: