Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
犬の出産の兆候と準備 | ペロット

犬の出産の兆候と準備

犬の交配(受精)から出産までの期間は約9週間です。
7〜8週を過ぎたら、犬の出産に備え、いざという時に困らないように十分な準備を始めましょう。

出産の兆候

母犬が、以下のような行動をし始めたら出産が近づいている証拠です。
本格的に、出産を迎える準備を始めましょう。

○巣作りの動作
前足で床やベッドなどを引っ掻いたり、掘るような動作をします。
挙動もソワソワして普段の落ち着きがなくなります。

○食欲の変化
出産の当日は、朝から食べなくなるケースが多いです。

○排泄の変化
普段の排泄パターンに変化があります。
不規則になったり、排尿の頻度が増えます。

出産の準備

出産を迎える前に、次のような準備をしておきます。

○産室
母犬が落ち着ける部屋を選びます。
人の出入りが激しかったり、人目に晒されやすい通路に近い場所は避けましょう。
母体と赤ちゃんの負担を軽くするために、温度の変化の少ない場所にし、室温は20℃を下回らないようにします。
生まれたばかりの子犬は体温調節機能が未発達なため、冬場であれば産箱の近くにペット用のヒーターなどを使って暖かくします。

○産箱
産箱とは、母犬が分娩を行う箱で、段ボールなどを使います。
母犬がゆったりと横になっても十分なスペースがあり、さらに食器も置ける程度の大きさのものを用意しましょう。
箱の底にビニールを敷き、ワラや、なければ切った新聞紙を敷き詰めます。
冬場であれば保温を行います。
屋外犬の場合は犬舎を産室・産箱にするケースが多いので、タオルや新聞紙を敷きましょう。

分娩に必要な道具

出産が始まってから慌てないように、以下の道具を揃えておきます。

・ピンセット
・はかり
・懐中電灯
・タオル数枚
・消毒薬
・脱脂綿
・ガーゼ
・洗面器とお湯
・糸
・ハサミ
・ガーゼ
・ティッシュペーパー
・綿棒
・新聞紙

 

タグ: