Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
日頃のお手入れで、愛犬との信頼関係を築こう | ペロット

日頃のお手入れで、愛犬との信頼関係を築こう

定期的なお手入れを忘れずに

人間同様、ワンちゃんにもシャンプーや毛のカット、爪切り、耳の掃除など、体のお手入れが必要です。
毛が長い犬種であれば、定期的にサロンなどに出向いてトリミングをしている子も多いでしょう。
小型犬でスムース毛の子の場合、カットの必要がなく、お手入れが自宅でも簡単にできますから、飼い主さんは意識的に日頃から愛犬のケアを行ってあげましょう。
サロンに定期的に通っているワンちゃんも、日頃のお手入れは愛犬の体や健康状態をチェックできるよい機会ですから、ぜひ週に何度かでもよいので愛犬との時間を作りましょう。

お手入れを通じて、人に触れられることに慣れる

お手入れは、体のどこを触られても嫌がらないように、子犬の頃から慣らしていくことが重要になります。
遊びの中でワンちゃんを仰向けにしてお腹や脚の付け根のあたりを撫でたり、足の先を撫でたり、肉球をタッチしたりを自然に繰り返します。
楽しく、合間におやつをあげたりしながら、ワンちゃんが触れられることに自然と慣れていくようにします。

いざお手入れをする時は、優しく触れながら、歯ブラシや爪切り、ブラシなどの道具に徐々に慣れさせていきます。
無理強いはせず、リラックスさせながら怖いことではないと教えていきましょう。
お手入れが嫌なものと感じてしまうと、その後は人に体を触れさせてくれなくなったり、怒って攻撃的になってしまう場合があるので、慎重に行います。

子犬の頃から十分なスキンシップを

犬種によっては、プライドが高かったり、神経質や臆病な子がいます。
自我が強くなる生後半年になるまでに、十分にスキンシップを行い、人に触れられることに慣れさせておくことが重要です。
犬にとって、お腹を見せることは服従、降参を意味します。
犬をひっくり返して寝かせ、お腹や内股を優しく撫でてあげ、従順さを教えていきます。
どこに触れてもおとなしく、人の手を受け入れるようになったら、たくさん褒めて、おやつをあげるのも効果的です。
小さい頃から触れられることに慣れさせておけば、成犬になってからもケアや病院での治療を受け入れられるいい子になります。

 

タグ: