Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
【しつけ】愛犬が散歩中に怯えてしまう…改善策は? | ペロット

【しつけ】愛犬が散歩中に怯えてしまう…改善策は?

犬は、本来社会性が高い動物です。
人間をはじめ、多くの動物と仲良くなることができるのが犬の最も特徴的なポイントと言えます。

しかし、中には大好きなはずの散歩や外出で怯えてしまう犬がいます。
このような場合は、どう対処をするべきなのでしょうか。

安全な場所で環境に慣らす

散歩は犬にとっては当たり前の習慣ですが、外出時に怯えてしまう犬は、ペットショップで販売されていた犬に多く見られます。
外のあらゆる出来事に慣れ、対応できるようになる社会期(生後2〜3ヶ月)に、他の犬と触れ合う機会が極端に少なかっため、十分な社会性が養われていないのです。
人を含め他の犬と触れ合う経験だけでなく、当然外界に対する知識も持たないため、不慣れな散歩に出るだけでも怯えてしまうわけです。

これを解消するためには、外に連れて行ったら、まずは人や車が少なく、静かで安全なところでリラックスさせることから始めましょう。
時間をかけて、外界は恐ろしい場所ではないことを理解させていきます。

この段階では、まだ他の犬に合わせないようにします。
徐々に外の環境に慣らしていき、リラックスでき大人しくしていられるようになったら、他の犬と交流できる段階になります。

他の犬に近づくときに気をつけること

犬は、穏やかな犬に対しては自分から近づいていきます。
このとき、無理に近づかせるようなことはせずに、自然に近づいていくのを待ちましょう。
これが一番失敗の少ない方法です。

犬同士は、まずお尻の匂いを嗅ぎ合ってお互いを認識します。
お尻を嗅いだ後、軽くじゃれあい始めるなどし、まずは1頭と仲良くなることができれば第一段階クリアです。
次第に他の犬とも仲良くでき、散歩中に怯えることがなくなるでしょう。

他の犬と出会った時、挨拶以前に喧嘩腰で飛びかかろうとする、必要以上に吠えるような状態では、まだ充分に外界に慣れているとは言えません。
ゆっくり時間をかけて、外界で大人しくしていられるように訓練を行いましょう。
飼い主さんも焦らずに、じっくりと一緒に取り組んであげることが大切です。

タグ: