Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
愛犬との絆を深めるための、飼い主さんの心得 4箇条 | ペロット

愛犬との絆を深めるための、飼い主さんの心得 4箇条

犬を飼うにあたり、愛犬とのコミュニケーションはとても大切です。
これから犬を飼う人、初めて犬を飼ってまもない人、そしてもっと愛犬との関係を良好にしたい人。
犬を愛する全ての人に、知っておきたい愛犬との絆を深めるための飼い主の心得を3つご紹介します。
犬も人も幸せなパートナーシップを築いて行きたいものですね。

一緒に遊んで、一緒に休憩

愛犬との絆を深めるためには、スキンシップが欠かせません。
いつまでもしつこく構っていなくてもOK、量より質が大切です。
一度の遊びは、10〜15分にし、遊んだら5分休憩をとってクールダウンします。
楽しく遊んだ後に、飼い主さんと一緒にまったりしている時間も、犬にとってはとっても幸せなのだと言われています。

撫でられて気持ちよい場所を知る

遊ぶだけではなく、側にいる時にただ撫でるだけでも大切なスキンシップになります。
ただし、愛犬も、どこを触られても喜ぶわけではありません。
個体差もありますので、愛犬と触れ合いながら、気持ちよさそうにするポイントを知っていきましょう。
例えば前足など、場合によっては触られるのを極端に嫌がる箇所などもありますから、そういう所はなるべく触れないようにします。

こちらの「これで愛犬もメロメロ!犬が撫でられて嬉しい場所3つ」も参考にしてみてください。

しつけのトレーニングで幸福度アップ

犬は本来、人間の命令に従う習性があります。
このため、しつけのトレーニングを行うだけでも犬にとっては楽しく、とても幸せです。
しつけのトレーニングを行うと、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されることがわかっています。
また、最近では、飼い主と犬が目を合わせることによっても、オキシトシンが分泌されることが報道されていました。
トレーニング中も目は合わせることが多いですから、愛犬にとっては至福の時間と言えますね。

放置はNG

忙しいからといって、放置が一番NGです。
散歩を含め、遊んであげたり、撫でてあげたり、一緒にくつろいだりする、愛犬とのコミュニケーションの時間をしっかりとってあげることが大切です。

これらのポイントをおさえて、愛犬とのより良好なリレーションシップを築いていきましょう。

タグ: