Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
どうして食べちゃうの?犬が靴やスリッパを噛んでしまう理由 | ペロット

どうして食べちゃうの?犬が靴やスリッパを噛んでしまう理由

愛犬の「噛む」という行動に困っている飼い主さんは多いのではないでしょうか。
特に、犬は女性もののハイヒールや男性の革靴などが大好物!
では、どうして犬は人間の靴を噛みたがるのでしょうか?

犬が靴を噛んでしまう理由

よく「愛犬が靴泥棒をする」という話を聞きますが、犬はもともと靴が大好きです。
なぜ靴を泥棒してしまうのか?
もちろん、悪気があるわけではありません。
犬のおもちゃといえば、革やゴムでできています。
おやつなどは、ゴム製品のように、ずっと噛んでいられるガムが大好きです。
特に幼犬時は、歯が生え始めたばかりで歯茎がむずがゆく、何かを噛んでいないといられないのです。

そこで、同じ革やゴムを使って作られている人間の靴を持ち逃げして噛んでしまうのです。
犬にも素材に好き嫌いがあり、革製品が好きな子もいればゴム製品が好きな子もいます。
中には固いプラスチック製のボールをがしがしと噛むのが好きな子もいれば、柔らかいタオルを噛むのが好きな子もいます。

成犬も老犬も、噛む行動はやめません。
噛むのは一種のストレス発散方法であり、犬にとっては遊んでいることと同じなのです。

靴を噛まれないために

靴を泥棒されても叱ってはいけません。
なぜなら人間の靴は、犬にとってはおもちゃと同じだからです。
同じ革・ゴム素材でできているのですから、噛んではいけない理由がわからないのです。
もし「靴を噛んではいけない」と叱ってしまうと、ゴムや革を使ったおもちゃも叱られると思って遊べなくなる可能性があります。

人間の赤ちゃんも同じです。
1歳までの赤ちゃんはなんでも口に入れてしまいますが、これは本能です。
犬も靴を噛みたくなるのが本能なので、飼い主ができることは「靴を隠すこと」しかありません。
大切な靴はシューズクローゼットへしまい、犬が届かないところへ保管しましょう。
通気性の良い場所に置いておきたい方は、扉のないシューズボックスを高い場所に置くと犬も届きませんし、取られる心配はありません。

スリッパも大好き!

犬が特に好きなのは、女性もののハイヒール、男性の革靴やローファー、子供の上履きなどです。
噛みごたえのある革靴は特に、一度加えると離さないほどのお気に入りです。
ゴムのにおい、革のにおいがする靴が特に大好きです。
中には、スリッパが大好きな子もいます。
ふわふわの冬用スリッパ、畳素材でできているスリッパ。
最近はいろんなスリッパが販売されていますが、犬はどんな種類のスリッパでも噛んでしまうので、くれぐれもご注意ください。

タグ: