Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
【愛犬と暮らすQ&A】どうしたら家族全員に懐く子になる? | ペロット

【愛犬と暮らすQ&A】どうしたら家族全員に懐く子になる?

Q.愛犬に家族みんなに懐いてほしいのですがどうしたらいいでしょうか?

昼間はお父さんと子供達は仕事や学校に行き、愛犬の世話はほとんどお母さんがやっています。
お母さんばかり世話をしていると、家族全員にちゃんと懐かないのではないかと心配です。
どうしたら、愛犬が家族全員にちゃんと慣れてくれますか?

A.世話の役割分担をし、それぞれがちゃんとコミュニケーションを取りましょう

お父さんや子供さん達が外出している間はどうしてもお母さんが愛犬の世話をすることになりますが、世話はお母さんだけがすればいいものではありません。
犬の世話は、ご飯から散歩、日々の遊び、グルーミング、健康チェック、ハウスの掃除までさまざまです。
全てをお母さん一人がやるのは大変ですし、お父さんやお子さんが帰宅してからでもできることはたくさんあります。
帰宅後にできる遊びや散歩、ごはん、体のケアをお父さんやお子さん達が行うだけでも違います。
大切なのは、愛犬にとって、家族全員が重要で必要な人物であると認識することです。
ただし、犬にとって特定の世話と行う人が固定してしまわないように気をつけましょう。
月・水・金曜日はお父さん、火・木・土曜日は子供さん、日曜日は家族みんなでというふうに、散歩に行く人を交代制にしましょう。
遊びや体のケアも同様に、行う人をシフトチェンジしましょう。

ご家族が「愛犬は家族の一員である」という認識を持ち、限られた時間でも自分から積極的に愛犬とコミュニケーションを深めていくように努めることが大切です。