Warning: Use of undefined constant WP_POST_REVISION - assumed 'WP_POST_REVISION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-config.php on line 58

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/haircuttin/www/pellot/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
犬を飼う時の犬種選びのポイント!あなたにぴったりな犬種は? | ペロット

犬を飼う時の犬種選びのポイント!あなたにぴったりな犬種は?

いざ犬を飼いたいと思ったとき、特定の犬種へのこだわりがない限り、犬種選びは大いに迷うものですね。
飼い主の生活環境や性格、犬の性質など、人間と犬にも相性があります。
あなたにぴったりな犬種選びのポイントをご紹介します。

ライフスタイルに合わせた犬種選び

飼い主さんのライフスタイルに合わせた犬種を選ぶと、犬との生活がはじめてでもスムーズにスタートすることができます。
たとえば、一軒家なのかペットOKのマンションなのか、住居の周りに自然はあるのか?庭は?、犬を十分に散歩させることができる広い道や公園が近くにあるか?などを確認します。
近くにドッグランがあれば庭がなくても安心ですし、静かな一軒家だからこそ鳴き声が気になるという方もいらっしゃいます。
家だけでなく、静かな住宅地であれば、よく吠える犬種は煩がられる可能性もあります。

犬種の中でも、よく吠える犬とあまり鳴かない犬がいます。
大型犬の鳴き声は太く声も大きく、小型犬の声は高くよく通り、連続で吠えると近所の方まで聞こえてしまいます。集合住宅などでは泣きすぎるとトラブルの元にもなりかねません。
このように、ライフスタイルに合わせて、飼うべき犬種の大きさや特徴がわかってきます。

運動をさせられる環境なら

ドッグランが近くにある、散歩OKな公園がある、広い庭があるなど、犬がしっかり運動できる環境が整っているのであれば、ゴールデンやコリー、サルーキーなどの大型犬でも大丈夫ですし、柴犬などの日中の活動が活発な中型犬もおすすめです。

無駄吠えが少なく鳴き声もおだやかでおとなしい性格の犬がよいという方は、ラブラドール・レトリーバーやマウンテンドッグなどがおすすめ。
ブルドッグやプードルもおとなしい性格をしています。

抜け毛やにおいが気になる方

犬をなかなか飼わなかった理由として、抜け毛やにおいが気になるからという飼い主さんもいらっしゃいます。
新築一軒家や賃貸マンションなど、臭いが家にしみついてしまわないか?抜け毛などで掃除が大変ではないのか?と懸念される方には、トイプードルやマルチーズ、チワワやパピヨンなどのあまり毛の抜けない犬種や、毛並みの手入れの手間がかからない犬種がおすすめです。

ただし、チワワやパピヨンは非常に人懐っこい反面、警戒心も強い小型犬です。
鳴き声は高く通りやすいため、鳴き声が気にならないという方におすすめできます。

一緒に暮らす家族構成から選ぶ

例えば、小さな子供さんがいるご家庭なら、大型犬を飼うと子供と一緒に大きくなっていくので、子供のよき友達・兄弟として仲良く生活をすることができるでしょう。
大型犬では不安だという方にはシーズーやパピヨンなど人懐っこい犬がおすすめです。
大型犬はやはりゴールデン・レトリーバーなどの、穏やかでおとなしい性格の子であれば、子供さんを優しく見守ってくれることでしょう。

犬の性質や性格の傾向、必要な運動量、吠えやすさなどがわからない場合は、インターネットで調べることもできますし、ペットショップの方に聞いてみるのもいいでしょう。
ただ可愛いから、と犬を選んでも、後から苦労したり飼いづらくなってしまっては人も犬も互いに不幸といえます。
犬を飼うというのは、命を預かることですから、責任を十分に認識して、慎重に選びたいものです。

タグ: